お尻から血が出たら

 肛門からの出血には、黒っぽい「下血」(食道・胃・十二指腸からの出血)と赤い「血便」があります。一般には両方まとめて「下血」という場合も多いです。今回は「赤い出血」についてのお話です。

 まず思い浮かべるのは「痔」でしょう。真っ赤な鮮血がパーッと便器に散る、鼻血のようにポタポタ垂れる、と表現されます。肛門痛は伴う場合と伴わない場合があります。ここでとても大切なことは、直腸がんでも同じような出血になることがある、という点です。 直腸がんと診断のついた患者さんに、「お尻から出血しませんでしたか?」と伺うと、ほぼ異口同音に「出血はあったけど痔だと思っていた」とおっしゃいます。すなわち、勝手に痔だと判断せず、必ず一度は内視鏡チェックを受けて下さい。

 便の表面に赤い血液 が筋状に着くという場合は、直腸やS状結腸のポリープやがんがつくよく疑われます。

 粘液と血液が混じったような粘血便であれば、最近急激に増加している潰瘍性大腸炎という病気を考えなくてはいけません。若い方に多いですが、幅広い年齢層で発症します。  強い腹痛を伴う下痢・血便がみられる場合は急性出血性大腸炎です。原因として、一時的に大腸の血流が乏しくなって起きる虚血性大腸炎や、病原性大腸菌などによる感染性の大腸炎、抗生物質の内服後に起きるものなどがあります。

 前立腺がんや子宮がんに 対する放射線治療後しばらくしてから起こる血便もあります。

お尻から血が出たら 近年多いのが大腸憩室からの出血です。腹痛や前触れもなく、真っ赤な血液が大量に排泄されたらこの病気を疑います。とくに血をサラサラにするお薬を飲んでいる方は要注意です。

 他にも血便の 原因は色々あります。それぞれに応じ、適切な治療を選択しなくてはなりません。勝手に痔だと判断せず、どんどん進化している内視鏡診断をぜひ受けて下さい。