金上病院の施設のご案内です

金上病院へのお問い合わせはこちらから


検査設備

16列マルチスライスCT検査室

当院では平成26年3月より、16列マルチスライスCTを導入しています。
16列マルチスライスとは1回のスキャンで16枚の画像を得ることが出来るCT装置です。
呼吸を止める時間が更に短くなり検査時間の短縮に繋がり、体動に強く、更に細かい病変の発見に威力を発揮しております。
頭部をはじめ、胸部、腹部、その他全身の検査を行えます。

CT検査室

内臓脂肪測定

当院のCTではメタボリックシンドロームにとってもっとも重要な内臓脂肪を測定することが出来ます。
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満をベースに高血糖・高血圧・高脂血症のなかで2項目以上を合併した状態を指し、動脈硬化性疾患を起こす原因と言われています。
動脈硬化性疾患は、狭心症・心筋梗塞・脳卒中などを指し、処置が遅れると命の危険にさらされることになります。
それを予防するためにもお腹が出てきたな、と思ったら内臓脂肪の測定をお勧めします。
下図のように内臓脂肪と皮下脂肪が色分けされ、見やすいように結果が出ます。
検査を受けられた方にはプリントアウトをしてお渡しいたします。

内臓脂肪CT検査報告書

臨床検査室

臨床検査室

【検査項目】下記項目をクリックすると検査内容がご覧いただけます。

検査項目 安静時心電図  検査項目 ホルター心電図(24時間心電図)  検査項目 脈波図検査  検査項目 呼吸機能検査

検査項目 アプノモニター

内視鏡検査室

本院の特徴の一つである内視鏡検査は充実した設備になっております。

内視鏡検査室

【検査項目】下記項目をクリックすると検査内容がご覧いただけます。

検査項目 経鼻内視鏡検査  検査項目 大腸内視鏡検査  検査項目 治療内視鏡

心臓超音波室

心臓超音波室

【検査項目】下記項目をクリックすると検査内容がご覧いただけます。

検査項目 心エコー(心臓の超音波)ドプラーエコー  検査項目 頚部血管エコー

腹部超音波室

腹部超音波室

【腹部超音波検査】

肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓を観察し、腫瘍、ポリープ、結石等の有無や大きさを見ます。

検査方法

ベッドに仰向けになり、腹部にゼリーをつけて検査します。15分前後で終わります。
※検査前日の夕食は、夜9時までに済ませ、朝食はとらないで来院して頂きます。

エックス線室

【検査項目】骨密度測定(DXA法)

骨も健康診断を受けましょう

骨に鬆(す)が入り、腰が曲がったり、骨折しやすくなる病気「骨粗鬆症」高齢者の方に多い症状ですが、最近はカルシウム不足などにより若い方にも急増しています。
予防のためには早期発見と早めの治療が大切。定期的に骨の健康診断を受けましょう。

日本人標準グラフ

骨密度測定今までは両手のX線写真を撮影し測定センターに送り、結果が出るまで1週間以上掛かりましたが、今回導入した装置は手関節を形成する部位(橈骨と尺骨)を 微弱なX線で撮影しコンピュータによる解析で3~4分で結果が出ます。
年齢と共に骨密度は下がっていきます。 特に女性においては二十歳を境に骨密度が下がっていく傾向にあります。骨粗鬆症による骨折防止のために是非ご利用ください。