入院やお見舞いについてご説明いたします

金上病院へのお問い合わせはこちらから


医療療養病棟

比較的病状の安定している患者さんを受け入れ、社会や家庭への復帰を目指します。
患者さん個々の個性・生活歴・障害の程度などを尊重して、精神面の充実、身体機能レベルの維持改善を支援いたします。


入院基本料に関する事項

医療療養病棟では、1日に5人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と1日に5人以上の看護補助者が勤務しています。
なお、時間帯毎の配置は次のとおりです。

看護職員の配置 朝9時~夕方5時まで、看護職員1人当りの受け持ち数は7人以内、看護補助者1人当りの受け持ち数は7人以内です。

看護職員の配置 夕方5時~朝9時まで、看護職員1人当りの受け持ち数は31人以内、看護補助者1人当りの受け持ち数は31人以内です。


東北厚生局長への届出事項に関する事項

  1. 当院は、次の施設基準に適合している旨の届出を行っています。
    • 療養病棟入院基本料1
    • 在宅復帰機能強化加算
    • 療養病棟療養環境加算2
    • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
    • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
    • 感染防止対策加算2
    • 医療安全対策加算2
    • 診療録管理体制加算2
    • データ提出加算2
    • 退院支援加算1
    • 総合評価加算
    • マルチスライスCT
  2. 当院は、入院時食事療養(I)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

保険外負担に関する事項

病衣貸出、文書料、予防接種など、保険対象外のものについては実費相当となります。