金上病院からのおしらせ

金上病院へのお問い合わせはこちらから


ワークショップ「地域包括ケア実現のために」開催報告

11月18日(土)ゆうゆうホームにて平成29年度宮城県介護人材確保推進事業として、職場環境改善のためのワークショップ・介護現場における介護と看護の役割と協働を考える「地域包括ケア実現のために」が開催されました。県内4か所で予定されているこのワークショップですが仙南会場としてゆうゆうホームにて行われたものです。

ワークショップ「地域包括ケア実現のために」
【発表者】
金上病院看護部長杉原悦子
(1)「地域包括ケアシステムにおける病院看護師の役割」
  ~金上病院地域包括ケア病棟と退院支援~
ワークショップ「地域包括ケア実現のために」
けやきの杜所長大槻美智子
(2)「自分らしく安心して暮らす住まいの形」
  ~サービス付き高齢者向け住宅の医療連携~

ワークショップでは、介護・看護、それぞれの立場から自分たちの仕事の内容やそれぞれの日頃の思いを話し合いました。宮城県介護福祉士会の雫石理枝会長は、お互いの業務内容を知り、相手の立場や考えを理解し、尊重し合うことが、協働の第一歩であると話されていました。

ワークショップ「地域包括ケア実現のために」