当院の診療科について

金上病院へのお問い合わせはこちらから


看護部

看護部長メッセージ

 阿武隈川がゆったりと流れ、気候も人々も穏やかでとても暮らしやすい角田市。その中心部に位置する金上病院は、天保の時代から地域の人々の暮らしを支えてきました。今、国がすすめる地域包括ケアシステムの構築を当法人は、地域のために本気で取り組んでおります。国の方針ですすめてきた介護療養病棟の廃止に向け、平成27年から病床再編を繰り返し平成30年3月地域包括ケア病棟・医療療養病棟をそれぞれ52床39床とし介護療養病棟の完全廃止で目標を達成しました。医療介護は益々進化し、多彩な形の在宅療養へとどんどんシフトします。

 病棟の看護師は、入院と同時に退院後の生活を見据えた支援を多職種とともに行い、病棟内にとどまることなく自宅に出向き医療の継続が必要な患者様に対し退院後訪問指導から、訪問看護や訪問診療につなげています。外来看護師や訪問看護師は在宅で療養生活をする患者様御家族を支えるとても重要な役割を担っています。地域救急から機能回復、終末期、在宅。「誰もが住み慣れた地域で暮らすこと」を目標に一丸となって支援しています。金上仁友会は看護師の専門性が発揮できる最高の職場です。

「あなたの笑顔が私のエネルギー」

 看護師の笑顔が患者様のエネルギーに、患者様の笑顔が私たちのエネルギーに、看護師同士も笑顔のキャッチボールができる職場作りを目指しています。

看護部長 杉原 悦子

看護部理念

金上仁友会の理念に基づき

『患者様の人間性を尊重し一人ひとりを大切にする看護を提供します』
看護単位
  1. 2病棟(地域包括ケア病棟52床、医療療養病棟39床)
  2. 外来、内視鏡室
  3. 地域医療連携室
  4. 訪問看護室
取り組み
訪問看護

在宅生活を支援します。訪問看護師活躍中!!

訪問看護
【認知症ケアチーム+身体拘束0委員会】

認知症ケアに力をいれ院長主導で、点滴をしていても、経鼻チューブが入っていても、PEG造設間もないときも、徘徊していても行動を制限するようなケアは行わないように、チームカンファレンスを行い『身体拘束ゼロ』を宣言し取り組んでいます。

認知症ケアチーム+身体拘束0委員会
【排尿ケアチーム】

排泄ケアは、看護介護の原点です。
患者様の尊厳に関わるとても大切なケアであると私たちは考えております。
金上病院では、平成29年4月より『排尿ケアチーム』を立ち上げ、患者様一人一人が自然な排泄スタイルで日常生活が送れるようなケアを目指し、病院全体で取り組んでおります。
尿道カテーテルの挿入者数は平成28年度月20名以上だったのが29年度は15名以下となり、長期留置者はステントや機能障害のための絶対適応者のみとなっています。感染対策委員会と協力し、入れない工夫と抜くためのアセスメントを行うよう毎週のカンファレンスで報告検討をしています。

排尿ケアチーム

教育体制

勤続40年を超えるベテランから、新卒看護師まで幅広い年齢と経験の看護職が活躍。

クリニカルラダーの導入
Ⅰレベルの評価を皆が行い自分の苦手な部分を再確認しました。今年度はさらにⅡ以上の内容を充実させて行く予定です。
個別指導プログラム
入職者のレベルに応じたプログラムで無理のない指導。プリセプター制をとっています。
院内研修
看護部教育委員会中心となって旬な話題から基本手順の振り返りまで、毎月2項目以上行っています。
院内研修
看護研究発表
各部署チームで1年間練って練って取り組んできた看護研究を発表
看護研究発表
院外研修
看護協会、日本慢性期医療協会等主催の研修会始め、様々な研修会等への参加チャンスがあります。
学会発表
平成29年度日本慢性期医療学会に病院から7つの演題を発表、そのうち看護部から2つの演題を発表しました。
地域包括ケア病棟の佐藤智子師長は座長を務めました。法人から2日間総勢30名が学会に参加し学びを深めることができました。
  • テーマ:地域包括ケア病棟における服薬自己管理開始の簡易な指標
    ~検証の結果~

    看護師 佐藤尚子

  • テーマ:安全に内視鏡検査を受けて頂くための取り組み
    ~降圧剤内服忘れの実態調査とスタッフ教育~

    看護師 中尾静香

日本慢性期医療学会
先輩ナースの声

短時間正職員制度を利用して働いています

パート勤務をはじめて早8年。職場環境に恵まれ育児休暇も取りながら働き続けることができました。29年度の正職員登用試験(短時間正職員)を受け正職員として働き始めました。仕事の重みと責任がやりがいにつながっています。      高城 理恵
短時間正職員制度を利用して働いています

キャリアアップのため学んでいます

大学院在籍                             佐藤 尚子
キャリアアップのため学んでいます

イベント

夏休み『こども参観』を毎年開催
子供たちがお母さんお父さんの職場を見学。颯爽と働く親の姿をみて将来医療や介護が職業選択肢の一つになることを期待しています。

  • こども参観
  • こども参観