リハビリテーション

ゆうゆうホームでは、医師の指示のもと、リハビリテーション専門職として理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご利用者の方々の安全に配慮しながら、さまざまなリハビリテーションを行っています。
生活機能、心身の機能の維持向上ならびに家庭への復帰、自立を支援する介護保険対象のリハビリ施設です。
ご利用者の方々の、生活の質の向上を目指し、専門のリハビリスタッフ以外にも医師、看護師、介護スタッフ、管理栄養士等様々な職種が一丸となって取り組んでいます。

  • 集団リハビリテーション
  • 集団訓練により交流の拡大や意欲の向上、コミュニケーション能力の拡大などの効果が期待できます。
  • 個別リハビリテーション
  • 一人一人に合わせたきめ細やかなリハビリテーション計画を立てます。それにそって生活環境などさまざまな要因を考慮して1対1のリハビリが進められています。
  • マシントレーニング
  • 基本動作(座る・立つ・歩く)の維持回復が目的です。
  • 物理療法
  • 患部の痛みを和らげる目的で行います。痛みの部位や程度、疾患の種類によって使い分けます。
リハビリテーション リハビリテーション リハビリテーション
  • 言語聴覚療法(ことばのリハビリ)・摂食嚥下訓練
  • 言語聴覚療法
    言葉や文字のように伝えるための手段、聴力や記憶のように受け取るための手段に対するリハビリを行い、コミュニケーション能力の拡大を図ります。
    摂食嚥下訓練
    疾患や加齢に伴って低下する嚥下(飲み込み)機能の訓練も行います。安全に食事を召し上がって頂くことが目的です。また、一人一人に合わせた食形態の提供、姿勢の調整、介助法の指導も行っています。
ページトップへ戻る

医療・看護

医師、看護師が様々な角度から医療的立場で毎日の健康管理を行っています。
薬の管理はもちろん、持病のコントロールを行い安心してすごせるように支援いたします。
病状によって隣接する金上病院での診察、入院、治療を受けることができる体制が整えてあります。

  • 委員会活動
  • 各種委員会(事故防止委員会・感染対策委員会・褥瘡対策委員会・身体拘束ゼロ委員会)を毎月定期的に開催し、安全に生活していただくための活動、話し合いを行っています。
    その他、NST委員会を独自に設け、栄養リスクを評価、検討し個別に対応しています。
    栄養サポートチーム(NST)
  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 医師、看護師、介護スタッフ、管理栄養士、言語聴覚士を中心としたリハビリスタッフ、ケアマネージャーなど多職種のメンバーで嚥下状態や栄養状態を検討しています。より効果的に経口摂取を行うことを目的として、体力にあわせ臥床時間や姿勢保持、食形態などについて個別の対策対応を話し合い実施してます。
    食事形態の工夫(きざみ食やソフト食など)を行い、より味は普通食に近づけ、おいしく食べるための工夫を重ねています。

医療法人金上仁友会 介護老人保健施設ゆうゆうホーム

〒981-1505 宮城県角田市角田字田町114-9 TEL:0224-62-4866

ページトップへ戻る